基本情報技術者試験
Google
 
Webビジネス資格伝


基本情報技術者試験

 
■基本情報技術者試験は、旧第二種情報処理技術者試験のことで、情報処理技術者試験のなかで受験生が最も多い試験です。
この試験では、情報システム開発・運用や利用などの広範な活動領域における人材に、その基礎的・共通的な情報技術の修得状況を評価します。
受験料 5,100円
受験手続 □個人受付と団体受付があります。
□個人受付は、郵便局での受付だけでなく、インターネットでの受付も可能です。
□団体受付は、10人以上で取り扱っています。
受験資格 制限はありません。
申込期間 □春期:1月上旬から約1か月間です。
□秋期:7月上旬から約1か月間です。
試験地

□北海道:札幌、帯広、旭川、函館
□東北:青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山
□関東:水戸、土浦、宇都宮、前橋、新潟、長岡、東京、長野、甲府、静岡
□中部:豊橋、名古屋、岐阜、四日市、富山、金沢
□近畿:福井、京都、大阪、奈良、神戸、姫路、和歌山
□中国:鳥取、松江、岡山、福山、広島、山口
□四国:徳島、高松、松山、新居浜、高知
□九州:北九州、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
□沖縄:那覇 他7か所

試験日 □春期:4月の第3日曜日です。
□秋期:10月の第3日曜日です。
合格発表 □春期:5月下旬です。
□秋期:11月下旬です。
試験内容

試験で期待される技術水準は、次のような幅広い知識・経験・実践能力が要求されます。
情報システム全般に関する基礎的な知識を活用し、情報システム開発においてプログラムの設計・開発を行うとともに、将来高度な技術者を目指すものとして
□情報技術全般に関する基本的な用語・内容の理解
□上位技術者の指導のもとでのプログラム設計書の作成
□プログラミングに必要な論理的思考能力
□一つ以上のプログラム言語の仕様についての知識、その言語を使ってのプログラム作成
□プログラムのテスト方法についての知識とテストを実施する能力

出題範囲は、情報処理技術者試験センターが策定し公表されます。

PR
【生涯学習のユーキャン】教養と資格を身に付けてみませんか?
‥…━★ 通信教育80年の実績!がくぶん総合教育センター ★━…‥
問合せ先

〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコートセンターオフィス15F
独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センター
TEL:03-5978-7600
音声&FAX情報サービス:03-5978-7609

ホームページ独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センター

 

▼ 関連資格
上級システムアドミニストレータ試験
受験料 5,100円
受験手続 □個人受付と団体受付があります。
□個人受付は、郵便局での受付だけでなく、インターネットでの受付も可能です。
□団体受付は、10人以上で取り扱っています。
受験資格 制限はありません。
申込期間 7月上旬から約1か月間
試験地

□北海道:札幌、帯広、旭川、函館
□東北:青森、盛岡、仙台、秋田、山形、郡山
□関東:水戸、土浦、宇都宮、前橋、新潟、長岡、東京、長野、甲府、静岡
□中部:豊橋、名古屋、岐阜、四日市、富山、金沢
□近畿:福井、京都、大阪、奈良、神戸、姫路、和歌山
□中国:鳥取、松江、岡山、福山、広島、山口
□四国:徳島、高松、松山、新居浜、高知
□九州:北九州、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
□沖縄:那覇

試験日 10月の第3日曜日
合格発表 1月中旬
試験内容 試験で期待される技術水準は、次のような幅広い知識・経験・実践能力が要求されます。
情報化戦略が経営戦略を実現させる大きな要素となっていますが、上級システムアドミニストレータは、
□経営、マネジメント、情報技術に関する全般的な知識をもち、ビジネスの動向、情報技術の動向を正しく捉えられる。
□電子商取引などの情報技術を活用した最新経営技術動向、情報技術動向を理解し、業務モデル変革の企画立案に参画できる。
□業務モデルの策定、理解にあたって幅広い視点、視野をもち、全体としての最適ソリューションを考えられる。
□情報システムの提供者側との検討の場において、ビジネス、業務、システムを抽象化し、適切な機能モデルを作成できる。
□自企業・組織の現状や業務を他社状況、市場状況などを踏まえて正しく分析し、問題点を明確にできる。
□問題を整理し、優先順位を考慮した解決策を策定できる。
□解決策に関する費用対効果分析、リスク分析を行い、その結果を経営層の説明できる。
□解決策に解決策に基づく業務、組織、システムの設計を行い、実現させる。
□解決策に対する効果目標および評価基準を設定し、達成度を評価できる。
□計画に対する管理、必要に応じての適切な対応策をとることができる。
□システムの活用においては、イントラネットを活用した情報発信の促進、情報の質的向上を図るなど、情報技術を活用した業務の改革・改善を考えられる。
問合せ先

〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8文京グリーンコートセンターオフィス15F
独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センター
TEL:03-5978-7600
音声&FAX情報サービス:03-5978-7609

ホームページ独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センター

[↑このページのTOPへ]

▼情報処理・パソコン[国・公]
初級システムアドミニストレータ試験
上級システムアドミニストレータ試験
基本情報技術者試験
システム監査技術者試験
情報セキュリティアドミニストレータ試験
ソフトウェア開発技術者試験
テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)試験
テクニカルエンジニア(システム管理)試験
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
テクニカルエンジニア(データベース)試験
アプリケーションエンジニア試験
プロジェクトマネージャ試験
システムアナリスト試験
ディジタル技術検定
情報処理活用能力検定(J検)
ビジネスコンピューティング検定試験
厚生労働省認定CADトレース技能審査
CG検定(画像情報技能検定 CG部門)
キータッチ2000テスト


 相互リンク募集中:資格取得・資格試験・国家資格・国家試験のビジネス資格伝では相互リンクを募集しています。

Copyright (C)ビジネス資格伝 All Rights Reserved.