アドバンス・サーフ・ライフセーバー(民)資格 ビジネス資格伝
Google
 
Webビジネス資格伝


アドバンス・サーフ・ライフセーバー(民)資格

 
■アドバンス・サーフ・ライフセーバーは、海岸救助のスペシャリストです。
■アドバンス・サーフ・ライフセーバー資格は、海岸での救助活動に関するより高度な技術を習得するための資格です。
■JLA(日本ライフセービング協会)の上級者向けの講習を受けて、検定に合格するとアドバンス・サーフ・ライフセーバー資格を取得できます。
受験資格□年齢19歳以上
□ベーシック・サーフ・ライフセーバー資格取得後1年以上経過
□ビーチパトロールを20日以上経験
□800メートル14分以内、50メートル35秒以内、潜行25メートル以上、立ち泳ぎ10分以上ができる泳力がある
試験日検定日
□1年に数回(6〜9月)
□講習時間は28時間です。
※7時間×4日
試験内容講習内容
□救助技術・事故想定トレーニング
□ビーチマネージメント
□マリンスポーツの知識
□救助器材の活用と管理
□蘇生法 ほか
PR
【生涯学習のユーキャン】教養と資格を身に付けてみませんか?
‥…━★ 通信教育80年の実績!がくぶん総合教育センター ★━…‥
問合せ先

〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-18 トップスビル1階
日本ライフセービング協会
03-3459-1445

ホームページ日本ライフセービング協会

 

▼ 関連資格
ウォーター・ライフセーバー(民)資格
受験資格□年齢15歳以上(中学生を除きます)
□400メートルを10分以内、50メートルを50秒以内、潜行15メートル、立ち泳ぎ2分ができる泳力があること
試験日検定日
□1年に数回(10〜3月)
□講習時間は35時間です。
※7時間×5日
試験内容講習内容
□ライフセービング概論
□水辺に関する知識
□水辺での救助法
□応急手当
□蘇生法
□サバイバル・スイム ほか
問合せ先

〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-18 トップスビル1階
日本ライフセービング協会
03-3459-1445

ホームページ日本ライフセービング協会

[↑このページのTOPへ]

▼救急・衛生その他
柔道整復師(国)
はり師(国)
きゅう師(国)
あん摩マッサージ指圧師(国)
赤十字救急法救急員(民)
ベーシック・サーフ・ライフセーバー(民)
ウォーター・ライフセーバー(民)
アドバンス・サーフ・ライフセーバー(民)
エレメンタリー・ライフセーバー(民)
IRBクルー(民)
IRBドライバー(民)
水上安全法救助員(民)
救急救命士(国)
THP指導者(公)
保健児童ソーシャルワーカー(民)
児童厚生員(国)
受胎調節実地指導員(国)
児童指導員(国)
チャイルドマインダー(民)
ベビーシッター(民)
生きがい情報士(民)
健康生きがいづくりアドバイザー(民)
シニアライフアドバイザー(民)
幼児体育指導者(民)
麻薬施用者・麻薬管理者・麻薬研究者(国)
医療用具製造所・輸入販売営業所責任技術者(国)
化粧品製造所・輸入品販売営業所責任技術者(国)
医薬部外品製造所・輸入品販売営業所責任技術者(国)


 相互リンク募集中:資格取得・資格試験・国家資格・国家試験のビジネス資格伝では相互リンクを募集しています。

Copyright (C)ビジネス資格伝 All Rights Reserved.