医療秘書士(民)資格 ビジネス資格伝
Google
 
Webビジネス資格伝


医療秘書士(民)資格

 
■医療秘書士は、医師を直接的に補助し、広範囲な事務サービスを処理する専門家です。
受験料5,000円
受験資格□当財団大学・短期大学医療教育部会の教育指定校で指定科目を履修すること
□必修科目は次のとおりです。
・医療管理学概論(医事・医務・精神保健各法を含みます)
・医療秘書実務
・医事業務に関する医学一般
・医事業務に関する薬の知識
・医療事務総論(医療保険制度)
・医療保険請求事務実技(外来)
・情報処理実務
試験地当財団大学・短期大学医療教育部会の教育指定校
試験日10月と1月の年2回実施されます。
試験内容医療用語、秘書教養、医療保険基本知識
PR
【生涯学習のユーキャン】教養と資格を身に付けてみませんか?
‥…━★ 通信教育80年の実績!がくぶん総合教育センター ★━…‥
問合せ先

〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通り5-1-1-602
(財)日本病院管理教育協会 大学・短期大学医療教育部会
078-361-7493

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-8-8 市場通り共同ビル
東京本部
03-3667-5565

 

▼ 関連資格
調剤報酬請求事務専門士(民)資格
受験料□会場
◆1級:5,800円
◆2級:4,800円
□通信
◆2級:6,800円
◆3級:5,800円
受験資格制限はありません。
試験地北海道、東北、上陸・北越、北関東、南関東、中部、関西、中国、九州の各地区
試験内容□学科
・待遇マナー、薬剤の基礎知識、医薬品関連法規、医療保険制度、調剤報酬請求
□実技
◆1級:一般、老人、小児処方箋から4症例のレセプト作成。窓口シュミレーション。
◆2級:一般、老人、小児処方箋から2症例(通信は3症例)のレセプト作成。
◆3級:一般、老人、小児処方箋から3症例のレセプト作成。
問合せ先

〒171-0014 東京都豊島区池袋2-24-6 林ビル2F
調剤報酬請求事務専門士検定協会
03-3981-0983

ホームページ調剤報酬請求事務専門士検定協会

[↑このページのTOPへ]

▼医療・看護
医師(国)
薬剤師(国)
歯科医師(国)
歯科衛生士(国)
歯科技工士(国)
看護師(国)
准看護師(国)
臨床検査士(民)
助産師(国)
医事コンピュータ技能検定試験(民)
医療管理秘書士(民)
医療秘書技能検定(民)
医事管理士(民)
メディカル秘書士(民)
メディカルクラーク(民)
医療事務士(民)
診療報酬請求事務能力認定試験(民)
調剤報酬請求事務専門士(民)
医療秘書士(民)
保健医療ソーシャルワーカー(民)
医療事務管理士(民)
保健師(国)
病歴記録管理士(民)
医療保険士(民)
医療事務技能審査(公)
臨床検査技師(国)
細胞検査士(民)
臨床工学技士(国)
診療放射線技師(国)


 相互リンク募集中:資格取得・資格試験・国家資格・国家試験のビジネス資格伝では相互リンクを募集しています。

Copyright (C)ビジネス資格伝 All Rights Reserved.